「投資と投機(ギャンブル)は違う。」とも言い切れないワケ?

投資と投機

「投資は良くて、投機はダメ。」、マネーセミナーや多くのマネー本などでよく目にする言葉です。

でも、投資と投機の違いをちゃんと分けて考えることはできているのだろうか?

「投資は、将来性を見据えて長期的にじっくりと成長を求めるもの」で、「投機は短期で売買して、機に投じるもの」などと説明されていたりします。

しかし、今投じて、将来値が上がることを求める投資も、機を見て投資をする投機と何が違うのだろうかと思うことがある。

将来成長するなんて予想、ただの願望なのかもしれない。

将来絶対に成長するなんてこと、そもそも言い切ることができることなのだろうか?

将来を見据えて、今機を見て投じる。短期と長期、時間的な差の違いはあるかもしれないけれど、世間で言われている投資も投機も、値動きを追いかけているということに関しては、似たようなもののように思えるのです。


株式市場などの金融市場で行われていることの多くは、しょせん投機なのではないだろうか?

長期にしろ短期にしろ、価格の変動を追いかけるという時点で、投機なのではないかと思う。

株式市場で流れているお金というのは、直接的には企業に届かず、買いたい人と、売りたい人の間で、自分たちの取り分を削りあっている。

これって、本当に投資だといえるのだろうか?

お金の流れの本質としては、競馬などのようなギャンブルといわれているものと何が違うのだろうか。


投資も投機も、本質的には「不確実な世界にある偶然を扱っている」ということに変わりはないと思っています。

唯一、金融市場と世間的にギャンブルといわれているものの違いといえば、胴元が利益の何%を取り分として取っているのかだけなのかもしれない。

当然、ギャンブルと呼ばれているものよりも、金融市場のほうが胴元の取り分率は小さい傾向にあるようですが。

その周りに配置する、アドバイザーやさまざまなサービス、商品の存在によってコスト負担が増えてしまっていることもあるようです。


投資となるには、期待値がプラスでなければならない。

世間一般で持たれている投資のイメージ、「将来性を見据えて、長期的に成長を」というのは、そもそも参加しているゲームが、『プラスサムゲーム』でなければ成り立たない。

『プラスサムゲーム』というのは、参加している人全員、損している人と儲けている人全員の損益を合計すると、プラスになるというゲームのことを言います。

対して、参加している人全員の損益の合計がマイナスになるものを『マイナスサムゲーム』、ゼロになるものを『ゼロサムゲーム』と呼ばれています。


問題は、自分が参加している金融市場のゲームが、プラスサムゲームなのかゼロサムゲームなのか、それともマイナスサムゲームなのか、自分の立ち位置を理解していない状態で金融市場に参加していることです。

バフェットはこのことを、『波が引いた時に初めて誰が裸で泳いでいたか分かる』といって表現しました。

もし自分の立ち位置がゼロサムゲームかマイナスサムゲームに当てはまるようなら、それはもうただのギャンブルなのだと思います。


実は、投機の重要テクニックは、一般的に言われている投資でも役に立つ。

それは、「自分が有利な立場になったときに、そのゲームに参加する」というものです。

自分が不利な時には、基本的には参加しない、もしくは少なくしか賭けない。そして、自分に有利な局面が来たら、大胆に動く。

これが、投機で役立つ基本姿勢です。

はっきり言って、このスタイルは、金融市場で十分すぎるぐらいに役に立つ。

ここでもバフェットは、『株式市場に見逃し三振はない』といって表現しました。

これこそまさに投資と投機に大きな違いはないということがよくわかる格言です。


「株式市場や金融市場にお金をかける行為は、投資であり投機ではない。」という説明は、ちょっと湾曲して伝わっていると感じている。

実際には、株式市場などの金融市場というところは投機の集まりというのが本音なのではないだろうか。

バブルとその崩壊が、たまに起きていることが、まさにそのことを証明しているのではないだろうか。

株式市場に参加するなら、最低限の「投機のノウハウ」も身に着けていかなればカモにされるだけです。

ただ金融市場、唯一の救いは、バリュー投資の父といわれるベンジャミン・グレアムが言った『短期的に見れば市場は投票機のようだが、長期的に見れば計量器に近くなる』という様子がみられることです。

”資産運用・株式投資のマネースクール” by㈱あせっとびるだーず

資産形成を目指し投資をする人のためのウェブサイト FP資格を持つ実践派の資産形成アドバイザーが語る、資産運用と投資の本音。 理屈や理論だけではない、実際にやってきた人だからこそ語れる『知識』と『経験』を学べる 投資と資産運用のマネースクールも行っています。 (株式会社あせっとびるだーず)

0コメント

  • 1000 / 1000