ちょっとマニアックな投資と資産運用のマネースクール

投資なんて、所詮『運』しだい。

「世界経済は、長期的に成長をつづける。」なんて、なぜ言い切れる?

株価の上昇と経済の成長が一緒という話は、本当に信じていいものなのか?

株式市場の本質なんて、所詮はギャンブル。人よりも安く買い、そして高く売ることができた人だけが利益を手にしている。


投資で成功するために絶対必要な『運』。その運を引き寄せるための方法は、ただ一つ。

『成功するまで、忍耐強く続けること。』


投資・資産運用で勝つための、ちょっとマニアックな知恵とノウハウをお教えします。

個人投資家として実践の中で学んだこと。

① 私たちがやろうとしていること(投資)は、経済を相手にしているのではなく、『不確実性(リスク)』を相手にしているんだということ。


② 「投資と投機は違う」、「投資は世界経済の成長の波に乗る」。という言葉、どこかの著名人が言ってそうな言葉だけど、所詮金融市場は投機の市場だという事。


③ 人の話を聞くことよりも、『自分で考え、判断し、行動する』ことが出来なければ、ただ搾取されるだけの投資家になってしまう。

投資や資産運用をする上で、『本当に必要な知識』ってなんだろう?

まともな投資や資産運用をするために、本当に学ばなければいけないことは、『知識として覚えること』ではなく、『考えることが出来るための土台作り』なんだと思う。

① リスクを理解すること。

② 社会を理解すること。

③ 金融市場を理解すること。

④ 人の心や、自分の心理状態を理解すること。

投資や資産運用の基礎を理解して、はじめて考えることが出来るようになる。

よく見かける「こうやればいい」という教えでは、結局考えることにはつながらない。


このマネースクールで学ぶ一番のポイントは、基礎を理解すること、そして後は、自分でいろいろ試行錯誤しながら考えて投資をしていこう!

金融市場で『あきらめずに投資を続ける』ために必要な知恵にかんしては、確実にお伝えできるものと思っています。

経験と実績から来る自信。

個人投資家として投資をしている中で、さまざまな経験を積んできました。

当然、ひどい目に合ったこともあります。つらい思いをしたこともあります。

それでもめげることなく、投資とそして投資の勉強を続けたことで、今ではそれなりの実績を掴むことが出来たと感じています。

ひどいことも、つらいことも、うれしいことも。

そもそも自信というのは、多くの経験があるからこそ得られるものなのではないだろうか?

「どんな逆風だって、なんとかできる。」

ただの楽観ではなく、経験に裏づいた自信。


経験があるからこそ、自信をもって投資や資産運用が何たるかをお伝えできる。そう思っています。

投資で扱うのは、不確実性。わからないものを扱うのに、「なんとかできる」という自信はとても大切です。受講者には、経験を積んで自信を持てるようになるまでのフォローをしていきたいと考えています。

投資会社・FP会社 ㈱あせっとびるだーず

2015年12月創業

株式及び不動産へ投資する投資会社として設立し、投資業と記帳代行業を始める。

2019年頃からファイナンシャルプランナー業に注力をし始める。有料のFP相談とマネースクールを中心に、執筆や講師業などで活動中。


代表取締役 田仲幹生

会計事務所に勤務しつつ株式投資に挑戦。投資を始めた最初の頃はなかなか厳しい時期を味わいましたが、2012年頃から好調な『運』を掴んだ。

給与からコツコツ蓄えたお金を投資に回し、資産を形成。2015年に一念発起し、㈱あせっとびるだーずを創業し今に至る。

投資の難しさと素晴らしさの両方を身にしてみて感じています。

この思いを資産形成を目指す多くの人に伝えられたらと思っています。